FTA社製 接触角計

動的接触角・表面張力測定装置

  • Falcon
  • Eagle
  • FTA 125



Option (PDFファイル


Application note

(すべて英文、PDFファイル





文献(すべて英文、PDFファイル

接触角・濡れ性測定

FTA社製 接触角計
動的接触角・表面張力測定装置

Falcon スタンダードモデル

拡張性があります。
コストを抑えたい場合に最適です。

  • 各種モジュールによる拡張性があります。ステージ/チャンバー+カメラ+レンズ+バックライト+ディスペンサー+コントローラーの組み合わせを選択できます。


Eagle 研究用モデル

拡張性や多目的性を求める場合に最適です。

  • 各種モジュールによる拡張性があります。ステージ/チャンバー+カメラ+レンズ+バックライト+ディスペンサー+コントローラーに加え、オプションでオートサンプラー、トップビューカメラを選択できます。
  • 自動測定に対応します。液体試料ディスペンス用に、Klohenポンプまたはモーター駆動シリンジを選択できます。


FTA125

低コストで信頼性の高い、小さな試験片の測定をする小型汎用モデルです。サイズが小さく、軽いため、必要な現場へ持ち運んでの測定が可能となります。

  • 個体・液体間の動的接触角測定が可能
  • ペンダントドロップ法による液体の表面張力測定が可能
  • 固体表面自由エネルギー解析が可能
  • サンプルサイズは厚さ25mm、幅250mmまで可能
  • 最小モデルで場所を選ばず移動も簡単


First Ten Angstroms社から、新しいコンセプトに基づいたFalcon、Eagleがリリースされました。

モジュラー方式を採用することで、ニーズに合わせて装置の主要部を選択 ・組み上げられます。また、モジュールの追加 ・交換により、アップグレードや修理を簡単に行うことができます。モジュールは、フレーム、ステージまたはチャンバー、カメラ、レンズ、バックライト、ディスペンサー、コントローラーおよびポンプ、オートサンプラー、トップビューカメラを選択いただけます。

FTAシリーズは、シンプルで多機能な接触角計で、静的接触角、動的接触角、表面張力、表面エネルギー測定解析装置に対応します。拡張収縮法や傾斜法により前進角・後退角の測定及び転落角の測定も可能です。また、オプションにより液・液/気・液間での表面張力測定にも対応する拡張性高い接触角計です。液・固・気/液・液・固間での接触角計・動的接触角計としてもご使用いただけます。

CCDカメラで撮影した液滴の接触角画像をデジタル化し、専用ソフトウェアへ取り込み、解析を行います。接触角計用ソフトウェアには接触角測定、動的接触角測定、液体の表面張力測定および固体の表面自由エネルギー解析が標準で含まれます。また、高温環境を作る環境チャンバーや装置傾斜ステージ、界面張力チャンバー、各種高速度カメラ、各種ポンプなど多種多様なオプションをラインナップしております。

簡単モデルから全自動モデルまで取り揃えておりますので、品質管理から研究開発用途まで、目的に応じてご選択いただけます。

測定モード

全機種標準仕様
    • 固体・液体間での静的・動的接触角測定
    • ペンダントドロップ法による液体の表面張力測定
    • 固体表面エネルギー解析
    • 拡張収縮法による前進角・後退角測定

オプション
    • 液体・液体間、気体・液体間の表面張力測定
    • 傾斜法による前進角・後退角測定および転落角測定
    • 高温環境下における測定
    • 液体中における、液・液、気・液表面張力測定、液・固・気、液・液・固間の接触角測定

特徴

  • 着滴前後における、データ取り込み速度・コマ数・測定時間の自由な設定
  • マニュアル、円形近似法、非円形近似法、ポリノミナルフィッティング法、湾曲表面測定などあらゆる方法による接触角の算出
  • Microsoft WordやExcelへの画像・データの貼り付け、および画像・動画・データの各種形式ファイルへのエクスポート
  • 各種表面張力測定、拡張収縮、傾斜角での前進・後退角測定、低温〜高温下での測定(オプション)

オプション例

FTAシリーズでは、装置拡張性を高めるため多種多様なオプションを用意しています。

前進後退角・転落角測定用チルト(傾斜)ステージ、環境チャンバー、界面測定チャンバー、ペリスタリックポンプ、自動ディスペンサー、回転ステージ、トップビューカメラ、高速取り込みカメラなどをラインナップしています。

前進後退角・転落角測定用チルト(傾斜)ステージ


チルト(傾斜)ステージ

 このシステムでは、斜面上における水・その他の液体が着滴した後に変形し、流れていく状態を測定することができます。

 0〜90°まで装置本体ごと傾けることで、ソフト画面上ではステージ水平のまま液滴が変形する様子を観察でき、前進後退角と転落角を求めることができます。塗装、自動車ボディ各部、衣類、その他表面処理されたあらゆる試料の撥水性評価などに有効です。

環境チャンバー


環境チャンバー  電気ヒーターにより300℃まで温度制御を行いながら、静的・動的接触角の測定を行うことができます。高温下における評価が必要な、油、グリース、ポリマー、ソルダーペーストなどの測定に有効です。

トップへ
戻る