市販医薬品の微量分解生成物のIRスペクトル測定

市販の解熱鎮痛剤を強制的に劣化させることにより生成した分解生成物を分取濃縮し、IRスペクトルの測定を試みました。分解生成物6 をカートリッジに繰り返し分取し、洗浄乾燥後、アセトンで溶出し、IRスペクトルの測定試料としました。

LC-SPE_01

市販医薬品のDADクロマトグラム

LC-SPE_02

分解生成物 6 のIRスペクトル

試料は金蒸着スライドガラスに塗布し、顕微IRにて測定を行いました。得られたIRスペクトルをデータベース検索した結果、イブプロフェンの分解生成物、4’-イソブチルアセトフェノンと同定することができました。

アプリケーション:カートリッジ分取処理-2より

アプリケーション: カートリッジ分取処理

番号 題 名 検出器 アプリケーション
1 HPLC-SPE法を用いた微量成分分取による医薬品劣化成分の測定 (分析化学会61年会) MS, IR 医薬品分解生成物の構造解析
2 LC-SPE法による分取濃縮を用いた医薬品の微量分解生成物のIRスペクトル測定 (第23回 クロマトグラフィー科学会議) MS, IR 医薬品分解生成物の構造解析
3 LC-SPE法を用いた不揮発性移動相条件のLC/MSへの適用 (第18回 LCテクノプラザ) MS -
4 固相抽出カートリッジを用いた分取によるイオンペアー試薬のLC/MSへの適用 (第20回 クロマトグラフィーシンポジウム) MS -

アプリケーションに関するお問合せはこちらのフォームよりお願い致します。

トップへ
戻る