粒子材料



 




粒子材料


Additive Manufacturing

アプリケーションの目次>粒子材料

粒子材料の特性評価

アディティブマニュファクチャリングで使用される金属粉末の品質管理

アディティブマニュファクチャリング(金属積層造形)では、粉末材料を溶接しながら自動車部品や人工関節など多種多様な3次元形状の造形品を作成します。材料となる金属粉末のサイズ、形状、化学組成によって造形品の品質が決まり、破断やボイドなど欠陥の原因となります。材料が高価なため再利用されますが、造形を繰り返すことにより粒子が変形したり、異物が混入したりします。 迅速かつ正確な粒子材料の品質管理や異物粒子の解析が求められています。




金属粉末のSEM像


混入した異物による欠損


アディティブマニュファクチャリングにおける粉末材料の品質管理には、サイズ(極端に大きい粒子がないか)、形状(サテライト粒子や歪な粒子がないか)、化学組成(異物が購入していないか)の情報が不可欠です。卓上自動粒子解析SEM/EDS「Phenom ParticleX AM」は、粉末材料のサイズ、形状、化学組成を自動で測定します。さらに、異物を検出して、発生源の特定のための重要な情報を得ることができます。

    粉末材料
  粒子の全自動異物解析

 自動レポート作成


粒子のサイズと形状

アディティブマニュファクチャリングでは、適切な粒子サイズ、流動性と充填性の高い球形の粒子が求められます。
Phenom ParticleX AMでは、粒子をサイズ・形状のパラメータで分類し、結果をヒストグラムで表示することが可能です。



粒子の化学組成

サイズ・形状情報+組成情報で異物粒子の混入を確認することが可能です。



使用する装置

Phenom ParticleX AM

Additive Manufacturing







過去に開催した「自動粒子解析SEM Phenom ParticleX ウェビナーシリーズ(全6回)」の

第6弾
アディティブマニュファクチャリング
材料粉末の品質管理

の録画をウェビナー情報のページから
視聴できます。

Phenom ParticleX AM 製品紹介へ
Phenom ParticleX シリーズの紹介ページへ

Phenom ParticleX シリーズのアプリケーションへ




トップへ
戻る