射撃残渣(GSR)



 




射撃残渣(GSR)


Gun Shot Residue

アプリケーションの目次>射撃残渣(GSR)

射撃残渣(GSR)分析の効率化

国際規格ASTM E1588に準拠したGSR分析

科学的な法医学調査では、犯罪現場に残された微量成分を分析して、犯罪の真実を立証し関与した人物を特定する作業が行われます。銃火器が使用された犯罪では、銃から弾丸を発射する際、飛散した微粒子(射撃残渣、英語: gun shot residue、GSR)が銃を発射した人の手や袖等に多数付着します。この付着物を採取し分析することで、犯罪捜査の重要な手がかりを得ることができます。





射撃残渣の分析では、国際規格ASTM E1588に準拠して、鉛(Pb)、バリウム(Ba)、アンチモン(Sb)などが含まれるGSR粒子の検出・解析を行います。卓上自動粒子解析SEM/EDS「Phenom Perception GSR」では、分析から分類、結果の検証、レポート作成までを自動で行うことが可能です。

上の画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。


GSR粒子の検証

測定後は、閲覧画面にて検出されたGSR粒子の検証を行います。
リビジット機能を使用して、粒子のマニュアルによる再分析を行うことが可能です。

上の画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。


特殊なGSR粒子

分類ルールのカスタマイズにより、特殊なGSR粒子も自動で分析することが可能です。

上の画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。


使用する装置

Phenom Perception GSR

Gun Shot Residue







過去に開催した「自動粒子解析SEM Phenom ParticleX ウェビナーシリーズ(全6回)」の

第3弾
射撃残渣(GSR)
射撃残渣(GSR)分析の効率化

の録画をウェビナー情報のページから
視聴できます。

Phenom Perception GSR 製品紹介へ
Phenom ParticleX シリーズの紹介ページへ

Phenom ParticleX シリーズのアプリケーションへ




トップへ
戻る