ジャスコインタナショナル

 最先端の研究に世界標準で応えます。

2023年1月25日(水)に行われた卓上型NMRウェビナーの概要紹介です。
 下のリンクからウェビナーの録画を視聴できます。

ウェビナー概要
卓上型NMRは、化合物の構造決定や定量のための多用途で強力な分析装置です。X-Pulseは高い磁場均一性と温度安定性を備えた永久磁石を使用し、液体ヘリウムなどの冷媒を必要とせず、設置が容易です。広帯域プローブによる多核NMR測定、フローセルオプション、温度可変オプションによって、様々な分析ニーズに対応することができます。

このウェビナーでは、広帯域卓上型NMR X-Pulseで利用できる
「オートサンプラー、フローセル、温度可変測定」のオプションで
実現可能なアプリケーションについて紹介します。

 ・ 卓上型NMR X-Pulseの概要
 ・ オートサンプラーで実験をどのように効率化できるか
 ・ X-Pulseの測定例、多核種を分析する方法
 ・ フローNMR、温度可変NMRの応用例・測定例
講演者
杉原 寛之
ジャスコインタナショナル株式会社 
第二事業部 応用技術課
関連製品
卓上型核磁気共鳴装置(卓上NMR)X-Pulse
(オックスフォードインストゥルメンツ社製)

録画の視聴
下のリンクから動画を視聴できます。
お客様情報の入力後に、入力いただきましたメールアドレスに
ウェビナー録画の視聴ページのURLをお送りいたします。


※ 競合製品取り扱い企業様の視聴はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

お問合せ
ジャスコインタナショナル株式会社
第二事業部
dss2@jascoint.co.jp

ページのトップへ戻る