手軽に使える卓上NMR

Pulsarは、液体ヘリウム等の冷媒が不要で設置スペースをとらない卓上NMRです。
核磁気共鳴法(NMR) は、他の分析機器で得ることができない化合物の分子構造に関する情報が得られます。
Pulsarではこのような情報をわずかな操作トレーニングを受けるだけで取得することができ、さらに時間と維持費を大幅に節約することができます。

特徴

  • レアアース磁石を使用
  • 冷媒が不要
  • 操作性のよいソフトウェア
  • 設置スペースをとらない小型卓上タイプ
  • スペクトル測定が可能

操作性のよいソフトウエア

SpinFlow™ソフトウェアのグラフィカルユーザーインターフェイスにより、簡単な操作でスペクトルの取得や、データ解析を行うことが可能です。
装置制御は、直感的で操作性に優れたワークフローに従い行います。
また、Mestrelab社製のMnovaソフトウェアが標準で付属しており、NMRのデータ解析が可能です。

トップへ
戻る