ミッションは「粒子を測る」
究極のハードとブレインで生まれた究極の全自動粒子解析システム
全自動粒子解析に求められる3つの性能を実現
長年のノウハウを受け継ぐ専用ソフトウェア Perception
スマートな粒子解析アルゴリズム


Phenom ParticleX Steel

鋼材の自動介在物解析・清浄度解析

Phenom ParticleX Steelは、鋼材中の介在物の検出から、サイズ・形状計測、元素分析、レポート作成までを行う全自動介在物解析システムです。強度、靭性、成形性、被削性といった鋼材の機械的特性に影響を与える介在物を高速・高精度に解析することができ、工程管理や品質管理に役立ちます。

 ● 鋼材中の介在物の解析
 ● 介在物のモニタリングによる工程管理
 ● 国際規格に準拠した鋼材の清浄度解析

対応する国際規格
・ASTM E45, E2142, E2283
・ISO 4967
・JIS G 0555
・GB/T 30384





鋼材の工程管理・品質管理 1

鋼材サンプルをそのままセットして測定します。
鋼材の工程管理・品質管理 1
上の画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。


鋼材の工程管理・品質管理 2

樹脂で包埋した鋼材サンプルを測定します。
鋼材の工程管理・品質管理 2
上の画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。


試料ホルダ

標準試料ホルダ+鉄鋼試料インサート 標準試料ホルダ+鉄鋼試料インサート
標準試料ホルダに鉄鋼試料インサート(下)をセットして使用します。
最大18個の試料を一度にセットして測定できます。

鉄鋼試料インサート

標準試料ホルダ+樹脂包埋試料インサート 標準試料ホルダ+樹脂包埋試料インサート
標準試料ホルダに樹脂包埋試料インサートをセットして使用します。
3つのタイプ(下)のインサートがあります。

樹脂包埋試料インサート



自動解析専用ソフトウェア Perception

ASPEXからExplorer、Phenom ParticleXへと受け継がれたスマートなアルゴリズムで介在物の検出から、サイズ・形状計測、元素分析、分類、レポート作成までを完全自動化。予め作成した測定レシピに従って良質なデータを高速、高精度に取得します。測定レシピやレポートは自由自在にカスタマイズ可能、多才な機能で測定をサポートします。

樹脂包埋した試料の測定

樹脂包埋した試料の測定
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。


樹脂包埋した試料の測定

測定の様子
介在物を自動で検出し、サイズ・形状の計測、EDS分析を行います。
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。


測定結果を閲覧画面で検証

測定結果を閲覧画面で検証
気になる介在物がある場合は、リボジット機能を利用し、その介在物に戻って再観察、再分析を行うことが可能です。
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。


レポート作成

予め設定したフォーマットでレポートが自動作成されます。

レポートフォーマットの作成

レポートフォーマットの作成(三元系ダイアグラムの設定)

レポート例

レポート例1
レポート例

レポート例2

レポート例

レポート例3
(JIS G 055規格に基づく清浄度解析)
レポート例

レポート例4
(JIS G 055規格に基づく清浄度解析)






過去に開催した「自動粒子解析SEM Phenom ParticleX ウェビナーシリーズ(全6回)」の

第5弾 鉄鋼の自動介在物評価

の録画をウェビナー情報のページから
視聴できます。

Phenom ParticleX Steelを使用した
アプリケーション
「鋼材の自動介在物評価と清浄度解析」
のページへ

Phenom ParticleX シリーズの紹介ページへ

Phenom ParticleX シリーズのアプリケーションへ


トップへ
戻る