• 金型トップページ

  • History
    AXXICON社のこれまでの歩み

  • Mouldbase
    モールベース(主型)の紹介

  • Insert
    インサート(カセット、入れ子)の紹介

  • Insert option
    表面コーティング、
    ランナー切り替え等の紹介

Insert option

コーティング

今日のプラスチック素材は、射出成形金型にとって過酷なものとなっています。金型メンテナンスの課題は、樹脂そのものは勿論のこと、ガラスフィラーにとどまらず、木質繊維、金属粉、難燃剤、その他の添加剤にまで及んでいます。アウトガスの発生や水分の酸性化といった過酷な条件下での摩耗は、しばしば金型の寿命を縮める結果となります。

金型の耐久性を高めるために、金型表面をコーティングすることが一つの手法として考えられます。すべての用途に適した万能なコーティングはありませんが、Axxicon社は用途に応じたさまざまなコーティングを提供しています。


ランナースイッチ

ランナー切り替えスイッチを使用することで、1本のインサートで異なる厚さの試験片を成型可能となります。


シボ加工 / テクスチャー

AIM™金型インサートは、ケミカルエッチング、EDM、サンドブラスト、レーザーテクスチャリングなど、さまざまな技術を使用してテクスチャ加工することが出来ます。



チェーンホール

チェーンホールにより、サンプルを吊り下げたり、チェーンでサンプルをまとめておくことができます。

ロゴ/刻印

AIM金型インサートにはロゴなどの刻印を入れることができます。



その他特殊加工

ゲートインサート、ウェルド加工、寸法拡張、両面成形などがございます。






トップへ
戻る