画像解析粒度分布計

画像解析粒度分布計 乾式タイプ



真空分散型画像解析粒度分布計 VD-3200  

VD-3200 は、乾式分散タイプの画像解析粒度分布計です。粉粒体試料を乾燥状態でガラスプレート上に分散させ、粒子の投影画像を撮影します。撮影した画像を解析して、粒子一つ一つの大きさと形状を測定します。標準付属の画像解析ソフトウェアで、測定から解析までを数分で行います。

  • 粒度分布測定に加えて、形状解析が可能
  • 操作が簡単で、数分で測定・解析
  • 粒子の凝集状態や異物の確認が可能
  • 測定・解析用PC を内蔵

50 µm 以下の粉体は機械的に分散させるのが困難なものが多く、液中に分散させて測定を行う湿式方式による粒度分布測定が行われてきました。乾燥した粉末の状態で生産/使用される材料は、乾燥した状態で特性評価をする必要があります。
VD-3200 は、独自の分散器を使用して、従来の乾式タイプの装置では困難だった微粒子の乾燥状態での粒度分布測定および形状解析を簡単な操作で実現します。高画素数のカメラと卓越した光学設計で、最小粒径200 nm までの粒子の測定を可能にしました。


分散器

VD3200
VD-3200の資料(PDF)のダウンロードはこちら

気流分散型画像解析粒度分布計 AF-3000 

AF-3000 は、20 µm から5 mm の範囲の乾燥粉粒体の大きさと形状を、短時間に簡単な操作で測定します。振動フィーダーから落下した粉粒体試料は、水平パイプ内に導入され、パイプ中の気流によって分散し、カメラで粒子投影画像を撮影します。得られた投影画像を画像解析ソフトウェアで解析します。

  • 粒度分布測定に加えて、形状解析が可能
  • 操作が簡単で、数分で測定・解析
  • 粒子の凝集状態や異物の確認が可能

AF3000
AF-3000の資料(PDF)のダウンロードはこちら

自由落下型画像解析粒度分布計 FF-3000S 

FF-3000Sは、粒径30 µm から30 mm の乾燥粉粒体の大きさと形状を、短時間に簡単な操作で測定します。試料を振動フィーダーを用いて自由落下させ、落下中の粒子に光をあてて500万画素のカメラで粒子投影画像を撮影します。得られた投影画像を画像解析ソフトウェアで解析します。従来ふるい分けによって測定されていたペレット、ビーズ、小石や砂利などの粉粒体の測定に最適です。

  • 粒度分布測定に加えて、形状解析が可能
  • ふるい分けによる粒度分布測定の手間と時間を大幅に削減


FF-3000S
FF-3000Sの資料(PDF)のダウンロードはこちら



トップへ
戻る