画像解析粒度分布計

注入型画像解析粒度分布計 IF-3200S 

液体中に分散させた粒子画像の撮影、粒子の大きさや形状分布の測定、
試料の特性評価を行う装置です。究極のシンプルさを追求して多様性を実現し、
品質管理から研究・開発まで、幅広いニーズに柔軟に対応します。
標準付属の画像解析ソフトウェアで、測定から解析までを数分で行います。


流路がシンプル
濃度や状態を極力保った状態で測定
様々な試料量に対応
分散させる液体を自在に選択
簡単な調節で、試料のサイズに合わせて最適な条件で測定

独自の粒子検出アルゴリズム
ユニークな形状解析パラメータで粒子を評価
簡単な操作で測定からレポート作成まで短時間で実行
便利な解析機能

すべてのパーツに簡単にアクセス
フローセルは組み立て式で、洗浄やスペーサー交換が簡単

  • 様々な試料量に対応
ピペットを使った
微量試料の測定
(最小100 μL)
数百 mLの試料を
ビーカーに入れて
測定
多量の試料を
循環方式で測定
(オプション)
循環型画像解析粒度分布計 CF-3000 

CF-3000 は、内蔵のメンブレンポンプで試料をフローセルに導きます。試料を循環させながら定期的に測定を繰り返し、試料の経時変化を調べることができます。粒子径800 nm から1 mm までの粒子の測定が可能です。

  • 最小800 nm の粒子まで測定が可能



トップへ
戻る